安全な手術

目頭切開は、「行っていない美容外科はない」といわれるほど、定番の施術です。目を大きくしたい、と考えている女性は多いものです。その女性達の声に応えるために、ほとんどの美容外科がこの目頭切開の施術を行っています。
目頭切開は、上まぶたと目頭に覆いかぶさっている蒙古ひだを切開し、目を大きくする施術です。この施術をすることによって、切れ長の大きな目になるだけでなく、黒目も美しくはっきりと強調されます。
しかし、目頭切開という名前を聞いて、不安を覚えるという人も少なくありません。確かに、目頭切開はその名の通り、目頭にメスを入れて切開く施術です。
痛みや施術後の生活が心配になるもの無理はありません。

美容外科が行う目頭切開の施術は、局所麻酔、点眼麻酔、クリーム麻酔が用いられます。美容外科によっては、どうしても不安な方に全身麻酔を施すところもあります。患者さんの痛みや負担を、最小限に抑える工夫がされています。
また、施術後の腫れや傷みを抑える痛み止めが処方されるので、ダウンタイムも安心です。ダウンタイム中のアドバイスや指導も行ってもらえます。
評判のいい美容外科は、施術前はもちろん、施術後でも患者さんの相談を親身になって聞いてくれます。目元の施術に限らず、美容整形のことで疑問に思っていること、相談したいと思っていることは、まずは話を聴いてもらうようにするとよいでしょう。
ネットの口コミやランキングサイトなどを参考に、いい美容外科選びから始めることが大切です。